葬儀費用がなくて支払いできない時の対処方法

葬儀費用が払えない場合にもいろいろなケースがあると思います。

あまりにも急で支払いのお金を用意するのが間に合わない場合や、葬儀が必要になるとは思ってもなかったために貯金そのものが不足している場合などいろいろだと思います。

 

まず、葬儀にはいくらほどのお金が必要になるか一般的な水準で調べてみると身内だけでシンプルに行う場合でも50万円~となります。

 

棺だけでも最安タイプで10万円もしますし、ワンランク上げただけでも15万ほどになります。

 

そんな時は葬儀会社がローンを用意していることもあります。

でも、バタバタしてる時にローンの相談なんて面倒ですし、特別に金利が安いって事もないようです。

 

それならカードローンの方が便利です→ ローンと同じで分割返済ができるんです

  • 人に会わずに審査申し込みができます
  • 審査は最短1時間ほど
  • 現金は街の無人契約機やコンビニのATMから引き出せるので早い!

 

カードローンの返済は葬儀の場合は負担が軽いかも

通常の借り入れと違い、葬儀の場合には香典でまとまったお金が戻ってきます。

まずはその香典のお金で可能な限り返済に充てれば残りの借り入れ額もぐっと減りますよね。

 

借り入れ残高が一気に減少すれば当然ながらそれにかかる利息も減少します。

これが普通の借り入れとは違い、負担が少なくなる理由です。

 

何と言っても、葬儀会社でローンを利用するとなればとにかく審査などが時間がかかり面倒です。

でもカードローンならスマホやPCから事前に仮審査を受けておき、それから無人契約機に行けば当日〜翌日のうちには現金が手に入ります。

(もちろん審査に通る必要はあります。)

 

祭壇の花の費用は棺より高かった!

葬儀にかかる費用に話を戻しますね。

 

花の手配ですが、これは祭壇などとのセットになってて、これも20万円を超える事が多いようです。

選ぶ際には写真で見せてくれますが、最低グレードのものは棺も花も祭壇も、悲しさが増すくらいに質素で可哀想に思えてしまいます。

 

葬儀屋さんに聞いた話では、多くのご遺族は下から2つ目のグレードを選ぶようです。

これならすでに35万円は発生します。例え神式でも仏式でも葬祭場を借りる場合には差はないようです。

 

また、知人やご親戚、ご近所の方などに参列してもらえる一般的な葬儀ですと、だいたい200万円程はかかるようです。

葬儀は場所代(司会進行なども含めて)や花や棺以外にも、お坊さんや神官さんに払うお布施から戒名のためのお金など沢山かかり、そのいずれもが万単位ととても高いんです。

葬儀費用は香典で大部分が戻るので安心です

葬儀を行えば、参列された方は必ず香典を持参してくださいます。

その方には後ほど、香典返しが必要になりますが、1万円を包んでくれ た人には2千円程の品、2万円を包んでくれた人には、5千円程の品をお返しすることになります。

その差額は全て葬儀費用で使った出費に充てられますので、 実際にはほとんどのお金が戻ってくることになります。

 

例えはあまり良くありませんが、少しでも葬儀の出費を抑えようとする時は、なるべく多くの参列者に来てもらうことがカギとなります。

そう言った意味では、家族葬のように密かに行ってしまうのが、最も大きな出費で赤字となってしまいます。

 

仮に50人に参列してもらえば、例え一人1万円だったとしても50万円入ります。

そのうち、香典返しで一人2千円×50人=10万円となり、残り40万円を葬儀費用に使えます。

 

下世話な例で申し訳ありませんが、こういった現実を見る事もとても大切だと思います。

葬儀費用はローンが使えます

大抵、どこの葬儀費用もローンを使うことが可能なようです。どうしても支払いが不安な時は、お世話になる葬儀会社さんに聞いてみてください。

普通は、葬儀屋さんが提携しているローン会社があり、その審査に通れば利用することができます。

 

だいたい全国的にメジャーなのはジャックスで、ここは全日本葬祭業協同組合連合会と提携してるので利用もスムーズなのかもしれません。

 

ただし!過去に住宅ローンの滞納や携帯料金の滞納などの経験がある方は要注意です。

昔の滞納履歴がもとで名前が記録されている場合には、葬儀費用とは言え、ローンが通らない事も十分にありえます。

そんな方に、以下でご紹介するようなオススメの方法があるんです。

ローン審査が不安だけど借入れを利用したい時

もしも、自分が借入れの審査に通るかどうかが不安な時は、キャッシングという手もあります。

実際にキャッシングを利用するかどうかは審査に通ってから決めればいいんですが、問題は「審査でチェックできる」ということなんです。

 

最近のキャッシングは、本申込みの前に借入れができるかどうかの「診断」がネット上で簡単にできます。

この診断は数秒あればすぐ答えが出るんですが、これでOKになればブラックリストには入ってない事が分かります。

 

せっかく診断でOKが出たんですから、そのまま本申込をして、今すぐにでも借入れができるようにそのキャッシング会社のカードを手に入れておいてください。

(カードを手に入れておけば、コンビ二のATMなどですぐに現金を下ろして借入れができます)

最近では初めてキャッシングを利用する方には最初の一定日数の間には利息がかからないものなどもあるので、それなら葬儀会社のローンがどれだけ利息が安くても、キャッシングを使う方が得になります。

 

もし数ヶ月かけて返済をされる場合には、葬儀会社のローンの方が金利が安くなりますので、そんな長期返済を希望される方は、ひとまず自分の名前が悪評価として記録されていないことを確認したついでに、借入れできる状態(カードを手に入れる)まで用意をしておく事がオススメです。

後は、葬儀会社の紹介してくれるローン会社を利用すれば良いだけです。

 

もしも、葬儀会社のローンに落ちてしまっても、その時は先程のキャッシングを利用することで、すぐに支払いをすることができるので安心です。

 

それに、先ほどご紹介しましたように、香典でかなりの金額が葬儀の日に手元に入ってきますので、借入れの返済もわかりとすぐにできると思います。

 

キャッシングなら、その日のうちに「申し込みから借入れまで」が完了することも十分に可能なんです。

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ