ヤフオクで落札後にお金が無くなったのでキャンセルしたい

ヤフオクでついつい勢いにのって高値入札し、その後に商品が落札できてしまったという体験をされた人、結構多いんじゃないでしょうか?green_googlekasu20141024215319500

落札後に他に急な支払いが発生し、お金が無くてヤフオク分を支払いができないという方もいらっしゃるかと思います。

 

いずれの場合にも、そのままでは支払いできませんので、キャンセルをするかと思います。

でも、落札後にキャンセルをしてしまうと、かなりの確率でヤフオクIDを抹消されるというリスクがあるんです。

 

そんなことになる前に、とりあえず現金を借りて翌月以降に一括か分割で戻せば大丈夫です!

↓   ↓   ↓

一括返済がならプロミスがオススメ、分割返済ならモビットがオススメです!

 

もし、頻繁に売買をしている人には大打撃ですよね。

また、ヤフオクでの売買で得られる収入で生活されている方などにも、ID抹消は死活問題になってきます。

 

本来なら、落札の2日以上前に入札の取り消しの連絡を入れておくのがマナーなんですが、落札後に急に大きな出費があれば仕方がありませんよね。

まずは丁寧な文章で出品者にお詫びのメッセージを送ってみましょう。

落札後の対応は、ヤフオクには規定がないので相手次第になってきます。

 

あなたが落札者だった場合には多くの場合、出品者から取り消し手数料を請求されて終わります。

この場合、約10%の取り消し手数料が最も多いようです。

キャンセルできるかどうかは出品者次第

ただし!気を付けないといけないのは、取り消しを認めてもらえるかどうかは、出品者さん次第だということです。

もし、出品ページに「いかなる場合でも落札後のキャンセルはできませんので、あらかじめご了承ください」と、注意書きまでされている場合には、きっと過去にキャンセルで痛い目を見た事があるとかで、キャンセルは出来ないと諦めるしかありません。

もし、それでもキャンセルを主張する場合には、下手をすると訴訟問題となり、訴えられてしまうかもしれません。

そのうえ、当然、ヤフオクのIDは抹消されると思います。

ヤフオクIDを抹消後の再取得は難しい

どんな理由にせよ、ヤフオクIDを抹消されてしまいますと、名前も住所も全て情報はヤフオクに残っているために、新たなIDを収得して、すぐに別の取引をしようとしてもまず無理そうです。

何年か経てば再取得できるかもしれませんが、抹消後の1年内などは不可能に近いようです。

 

時間も精神的にも負担の大きい訴訟も困りますし、ID抹消も避けたい場合には支払いをしてひとまず落札をして、今度は自分がすぐにそれをヤフオクで売るのが賢明です。

もちろん、その品を狙っていた他の出品者などは気がつくと思います。

そこで不審がられて入札が入らないと大変です!

なので正直に、「落札時にキャンセルができず、やむを得ず落札しました、ですのでそのまま出品をしています」のような説明があれば、見覚えのある他の人からしても安心して入札をしてもらえます。

とは言え、最初の支払いはスムーズにしておかないといけません。そこで、誰からも借りられない時は、キャッシングを使って落札代金を払うという手もあります。

半月か1ヶ月もあれば、きっと落札品を次の人に売ることもできると思いますし、1ヶ月程の借入れなら利息も大してつきませんので気軽に利用しても問題ないと思います。

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ