仕事上のお金の悩み

資格取得のために学校に通いたいけどお金がない

資格取得は今の世の中、かなり当たり前になってきています。

なので、資格を単に持っているだけでなくて、どんな難関資格を持っているか?が問われます。

 

それほど社会人にとって、資格保有というのは当然のように求められるようになっているんです。

 

なのに、もし、お金の都合がつかなくて、資格スクールへの通学や通信講座を諦めている方は、優先順位を間違っているかもしれません。

 

今の時代、アルバイトをしている人でも審査に通ればカードローンなどでお金を借りることはできます。

カードローンを利用しても、資格スクールのローンを利用しても、利息にはあまり差はないと思います。

 

それなら、利用できるまでの時間が圧倒的に早いのがカードローン(キャッシング)がオススメです。

 

資格スクールなどは、ローンを使うには窓口でローン申請などをしないといけないんですが、もし審査に落ちたら恥ずかしくて通いたくなくなると思います。

そんな事で資格取得のチャンスを逃すのなんて勿体ないです!

 

でも、ローンを使う事自体が恥ずかしい方や、審査に落ちた時を考えると利用できない・・・という人も沢山います。

そこで、カードローンを利用すれば、スマホなどから審査も受けることができ、利用できるかどうかもネット上で答えが出るので、気兼ねなく試せると思います。

 

それに、現金そのものを借りることができるので、資格スクールに通うために「自転車を買う」なんてことにも自由に使えます。

 

借りる時は、あらかじめ手に入れておいたカードローン会社のカードを使って、コンビニATMや各カードローン会社の無人契約機から現金を引き出す形で借りることができます。

※カードは、審査通過後に手に入れることができます。

 

こうやって現金が手に入れば、資格スクールの窓口で、「支払いは現金一括です!」と胸を張って言えます。

 

ちなみに、カードローンへの返済は一括払いのほか、分割払いもできるので、コツコツとゆとりをもって返済をすることも可能です。

↓   ↓   ↓

カードローン(キャッシング)で人気なのがこの2社です

 

この2社なら、こういった借り入れが初めての方にもオススメできます。

 

もし、翌月にボーナスなどの予定があるなら、一括返済をすることで金利が他社よりもお得なプロミスがオススメです。

 

一括返済をする予定がなければ、モビットがオススメです!

近頃の資格試験は独学では合格できなくなってきてます

一般の方に人気がある資格試験と言えば、宅建や行政書士、ファイナンシャルプランナーや簿記などがあります。

スコアによる成績証明ができる TOEICなど語学も根強い人気があります。

 

特に、国家試験の場合には、資格スクールに通わないと簡単には合格できない傾向があります。

 

宅建の場合には合格率が15〜17%となっていますが、受験者の多くは、勉強をした人か、もしくは不動産に関連した仕事をしている人が多いので、数字以上に難しい印象があります。

私もスクールに通ったおかげで合格できましたが、特に異業種の仕事をしていたので、スクールで直接に細かい質問ができたことが大きな収穫でした。

 

また、簿記などは「過去問を解けば合格できる」という話がありますが、嘘です!

2級にもなれば工簿と商簿があり、範囲が膨大です。

 

去年も一昨年も連続して出た分野は今年はまず出ないので、そこは学ぶ必要がないという判断ができますが、こういった話や、過去のデータなどは資格スクールに通わないと知ることができません。

 

目指す仕事に直結した資格じゃなくてもいいんです

極端に言えば、別にファイナンシャルプランナーや不動産屋さんとして仕事をしていくつもりがなくても、それらの資格を持っていることで、「それ相応な努力をした人」という証になります。

簿記なんかも同じです。

 

その結果、全くの異業種でも面接試験を突破できるだけの好印象を与えることができるんです。

 

ですから、直接その資格を使った仕事につけなくても、全然OKなんですよ!

 

とにかく、時間が空いているなら、何としてでも資格を1つでも多く取得されることをオススメします。

歳をとればとるほど、後から助けられますよ。

 

どんな試験でも、年々難しくなる傾向があるので、早く取った者勝ちなんです。

資格スクールでかかる費用

宅建 20万

簿記1級 20万

簿記2級 6万

ファイナンシャルプランナーAFP 15万

行政書士 30万

司法書士 20万

弁護士 85万

社労士 20万

税理士 70万

公認会計士 60万

中小企業診断士 25万

JKC公認トリマー 85万

調理師 100万

ホームヘルパー2級 10万

 

これだけの費用を、仮に一括で払っても、日々の生活に貯金など余裕がないと不安です。

 

カードローンを使えば、多少の利息は発生しますが、それでも万が一にまとまったお金が必要な時には、今度は借り入れが早くできます。(夜間でも)

それに、資格を使ってキャリアアップできれば、投資した費用なんて、すぐに取り返すことができますよね。