キャッシングについて

収入証明書なしでお金を借りる

カードローンを利用する際に、「収入証明書」が必ず必要だと思っていませんか?

実は、収入証明は一定額以上のお金を借りる場合などの特定の条件にひっかかる場合でないと必要にならないんです。

 

例えばプロミスの場合には借り入れ希望額がプロミスだけで50万円を超える額を希望する場合や、他社とプロミスを合計して100万円を超える場合がまずは証明書を求められる条件に該当します。

 

こればかりは自分の努力ではどうしようもないですし、年収の多い少ないなども関係がないので逃れられません。

アコム→プロミスと同じ条件

SMBCモビット→金額に関係なく証明書が必要

 

モビットだけが厳しいように見えますが、実はWEB完結なら電話連絡なしというメリットがあるので、最初に借り入れをされる方にも高い支持を得ています。

 

また、アコムもプロミスも30日無利息を用意しています。

→ 30日無利息とは?

 

同じ条件ならアコムを選ぶ方もいるかもしれません。

でも、今回が初めての借り入れだったり、まだ2社目の借り入れ先ということならプロミスをオススメします。

サービスのわかりやすさなども理由で多くの方が最初に利用するカードローン会社だったりするんです。

 

皆が利用しているところなら安心ですよね。

 

なお、上記のサービスはノンバンク系と分類され、どこもいくら以上になれば必要になるかが明確に公表されています。

これに対して、銀行が行っている「銀行系カードローン」では、明確にはされていません。

ノンバンクと同じで50万円以上の場合が対象になることもあれば、100万や300万円からという場合もあるようです。

 

ただし、基本的に銀行系は審査が厳しいとされているのでカードローンが3社目や4社目という借り入れベテランの方でない限りは、まずはノンバンクを利用されることをオススメします。

収入証明って具体的には何?

一口に収入証明書といっても、いろんなものがあります。

例えば源泉徴収票・確定申告書・所得税などの通知書・給与明細書などがあり、この中の一つがあれば良くて、全部を揃える必要はありません。

 

再提出が必要になるケースもあります

せっかく提出した書類の発行日が、すでに3年以上経っている場合にも「収入証明」の追加提出が求められるようになります。

 

これは事前に自分が気をつけていれば防げることなので気をつけてくださいね。

もし、大急ぎで借り入れをしたいのに、手元にある書類では再提出の対象になってしまうなんてことになれば、下手すれば土日や祝祭日を挟まないと書類を手に入れられなくて、借り入れが数日先になってしまうリスクもあります。

ご注意ください!