事業資金を1日でも早く借りる方法

事業資金が不足し、すぐに支払いをしないといけないものが払えない時もあると思います。

そんな時、普通は銀行で事業資金を借り入れすることが一般的ですが、本当に急ぎの時には、そういったものだと審査や事業計画書の作成・提出などがもとめられ、支払い期限は間に合いません。

もし借り入れができても、今すぐじゃないと意味が無いって場合、そんな借り入れは意味がありませんよね。

1日でも早く借り入れをするには

1日でも1時間でも早く借り入れをするには、用途がなんでOKなキャッシングがおすすめです。

返済に何年もかけるような場合にはオススメできませんが、翌月の返済などができる場合には、とってもお得に利用ができるんです。

 

もし、時間があれば金融機関からの借り入れをしようと思われていた方などには特にオススメなんです!

先に、キャッシングでひとまずピンチを乗り越えて、その後にゆとりをもって金融機関からの事業資金の融資を受ければ万事OKなんです。

参考にどうぞ → 今人気のキャッシング会社はこの3社

 

キャッシングは何ヶ月も借り入れを続けていると利息も大きいんですけど、1~2ヶ月で完済ができる予定でしたら安心です。

事業資金で人気の金融機関

事業資金を借りる場合、多くの方は、近所にある昔から使い慣れている銀行に相談される事も多いと思います。

でも、銀行で融資を受けるのは審査基準も厳しくて、だれでも簡単には審査が通るわけじゃないんです。

そこで人気があるのが、日本政策金融公庫の事業ローンなんです。

 

ここは民間の銀行と違って国が運営をしている金融機関なので、どちからといえば民間よりも審査が厳しくないという話があります。

実は私も利用したことがあり、2009年から10年返済で600万円を借り入れしています。(金利は2.8%)

 

もしも、民間の銀行よりも利息が高いようでしたら、借り換えをして政策金融公庫のローンを民間のローンに変えることもできます。

我が家には地方銀行の行員さんが「借り換えされませんか?」とやってきたことさえあるんです!

日本政策金融公庫も審査には日数がかかります

この日本政策金融公庫の場合にも、一般的な銀行と同じく、事前に事業計画書を作り、担当者に提出をし、長ければ2週間ほどの審査日数もかかります。

それに、審査に通ったからと言って、その日や翌日などにすぐに振り込みをされるものじゃないんです。

でも、先にキャッシングなどでひとまず借り入れをしておいてから、その後にこういった融資を利用できれば、1日でも早く借り入れを要する状況はラクに乗り越えられますよ。

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ