中年破産を避けるためにカードローンで乗り切ってください

中年破産と呼ばれる働きざかりの方が破産をしてしまう原因は税金の支払いや住宅ローンの滞納がきっかけになるそうです。

 

なお、中年破産をされる家庭で多いのは、月収以上に支払いが多いという傾向もあります。

もちろんボーナスがある方はそれでもなんとかやっていけますよね。

 

でも、病気の治療や事故で休職した間の月給ダウンなどが原因で、急にお金の支払が立ち行かなくなるんです。

その日は突然やってきて、滞納したお金も払うことができずに自己破産に進んでしまうとか。

問題は支払いがピンチの時にどう対処したか?です

もともと、車や家のローンしかなく、後は旅行や服や外食などでお金を使っていたことがお金が足りなくなっている事が原因で、カードローンを使ったことが無い方は物凄く勿体無いです。

 

次の給料日かその翌月の給料日、最悪でもボーナスが入れば借り入れをしたお金の返済が簡単にできるという場合なら、とりあえず目の前の不足している現金を借り入れで補えばなんとかなるはずです。

少なくても滞納することはないので、ローン会社に家や車を差押さえられるリスクも回避できます。

でも借りたお金をすぐには返済できない

安心してください!

カードローンで借りたお金の返済方法は、なにも一括返済だけじゃないんです。

 

分割返済をすることもできるので数回にわたり毎月の返済額に余裕をもたせておくことができるんです。

もちろん、翌月の一括払いができる場合が利息をみれば一番お得なのは間違いありません。

 

でも、借り入れをした金額がよほど大きな金額でない限りはかかる利息も大した金額じゃないんです。

しかも、どこのカードローン会社も公式サイトの中で、借り入れしたい金額と希望する返済回数を入力すれば、利息がどれだけかかるかがひと目で分かるようにシミュレーションもできるので安心です。

 

もっともお金がかかる年齢層の方に、ぜひピンチの時には滞納するよりもカードローンを利用してピンチを乗り越える方法を知っていただければ幸いです。

どうして中年破産なんて言葉ができたのか?

まず、中年破産という言葉からも対象となる年齢が30歳から50歳くらいじゃないかな?と推測できます。

 

この年代の方は、結婚をされている方であれば住宅ローンを抱えていたり、子供の学費や習い事のための月謝、それに金額の大きな保険に入っていることがあります。

 

独身の方でも忙しくて外食が続いたり、趣味にも本腰を入れてお金をかけるようになったりと、とにかく何をしてもまとまった金額の支出が発生しやすい年齢層です。

 

貯金をしてきた人でも、子供の学費などに全額使ってしまうケースも多いそうです。

そういった背景からも破産をする確率が最も高い年齢層だと言われているんです。

それが中年破産という言葉のもとになっているみたいですね。

 

上手なお金のやりくりのために、ぜひ借り入れも組み入れてみてはいかがでしょうか?

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ