妊娠出産・冠婚葬祭の悩み

ワーキングプアの状況に出費が重なり金欠でピンチ!

ワーキングプアの状況なのに冠婚葬祭や病院での出費などが重なりお金が足りなくてピンチ!という方に知って欲しいことがあります。

 

それは、カードローンを使えばひとまず現金が不足しているピンチはなんとかなるということです。

 

もちろん、審査には通る必要があります。

でも、もともとカードローンはアルバイトなどをされている人なら通常は審査に通ることでも知られているので、継続的に収入が入る人なら利用できることがほとんどです。

 

特に初めて利用される方に人気があるのがこちら!

↓         ↓          ↓

ここなら条件を満たせば30日間無利息で利用ができるんです!

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

ワーキングプアは年収200万円以下のこと

ちなみに、ワーキングプアとは年収が200万円以下のことを言うらしいんですが、今どきはそんな人はなにも珍しくありません。

 

特にその原因として、正社員の立場から一度でも離れてしまったら誰でもこうなる可能性はあるからです。

特に女性の場合には結婚・出産を機に復職できずにワーキングになることも多いそうです。

 

ただし、ワーキングプアに該当する人でも、アルバイトをしている人に比べるとカードローン申し込み時の審査には通りやすいと思います。

 

ちゃんとした仕事をしている事が何よりも重要視されますが、もし正社員として勤務しているのであれば、下手すればアルバイトの人よりも年収が低くても借り入れには有利だったりもするんです。

 

ワーキングプアの場合にはいくらまで借り入れできるか?

もし仮にワーキングとされる年収の200万円があなたの年収だったとします。

 

カードローンで借り入れできる金額の上限は年収の3割までとされているので、この場合には60万円が借り入れの限度となります。

もちろん、勤務先によっても多少は違いがあるかもしれませんが、基本的にはこの額でほぼ間違いありません。

 

なお、総量規制というルールがあり、これで言うと、プロミスとアコムとモビットなど複数から借り入れをする場合でも、トータルで60万円が限界とされます。

 

ただし、注意しないといけないのは、プロミスの審査に通り、借り入れをした後、すぐにモビットなど他社への申し込みはしない方が良いということです。

あまり立て続けに申し込みをしてしまいますと、よほどお金に困っていると大げさに勘違いをされてしまい、それがきっかけで審査に落ちてしまう可能性もあるからです。