キャッシングについて

キャッシングについて 種類や申し込みの方法など

キャッシングとは、個人に対して限度額の範囲内でお金を貸してくれるサービスになります。

利用額や期間に応じて利息が発生し、その利息でキャッシング会社は収入を得ています。

私達は、その利息を払うことで、自分に不足しているお金を借りることができます。

持ちつ持たれつというようなイメージがぴったりです!

通常、キャッシングというのは個人に向けての貸付の事を言います。法人への貸付の場合には融資という言葉を使うのが一般的です。

キャッシングには主に3つの種類があります

キャッシングの種類は貸し手がどんな会社かによって違ってきます。

その種類はおおまかに分けると3つになり、銀行系・信販系・専業系になり、銀行が運営しているか、信販会社が運営しているか、もしくはキャッシングだけで運営している会社かによって分類されます。

これから利用する方にとっては、あまりピンとこないかもしれませんが、実はどの業態かによって審査基準なども異なりますので、借入を利用される場合には「どこを利用するか?」はとても大切なポイントになってくるんです。

・銀行系の特徴

借りられる額が大きく、利息も低いという大きなメリットがあります、ただし、その審査は他よりも厳しくて誰でもすんなり借りられるものではありません。

・信販系(VISAやマスターカードなど)

ショッピングで利用しているクレジットカードを利用して手軽に借入を利用することができるというメリットがあります。

借りたお金は翌月の引き落としで返済できるので、いちいち返済のために振込をする必要がありません。

・専業系(プロミスやモビット、アコムなど

とにかく、申し込みから借入までが早い事が最大のメリットです。

金利は他よりも高いですが、審査に通れば最短で当日中に借入までが終る事もあります。(これが即日審査とよばれるものです)

キャッシングの申し込み方法

店舗や無人契約機、ネットなどから申し込みができ、特に人気があるのはネットからの申し込みになります。

その理由は、とにかく早く申し込みできて、審査結果がでるのも早いから。

それらが早く終るということは、審査通過後の借入まで早く進めるので1時間でも早く借入をされたい場合にはネットからの申し込みがピッタリなんです。

また、今はネットからの申し込みをすれば誰にも合わずに借入が完了するのも大きな魅力の一つだそうです。

(手順)

ネットからキャッシング会社の申し込みページに入る→ 必要事項を入力→審査を待つ(数十分)→ 審査OKなら、ここでついに借入!

簡単にまとめるとこんな流れです。

 

さて、申し込みはあらかじめ準備をしておかないといけないものがあります!

それが、「本人確認書類」と呼ばれるもので、免許証か保険証、またはパスポートがあれば大丈夫♪

また、申し込みと同時に希望する借入額が50万円以上の場合には「収入証明()」も必要になります。 ただし、いきなり収入証明が必要な額を借りることはオススメできません。

給与明細、源泉徴収票、または納税証明書などのコピーでOKです。

せめて初回は50万円未満にしておいて、まずは審査に無事に通り、借入実績もちゃんと作ることが大切だからです。

 

最初は大きな額を借りる事はなかなか難しいんですが、ちゃんと返済日を守って利用していると、そのうちキャッシング会社の方から限度額の増額を提案してくれるようになります。

もしその時には大きな借入をする予定がなくても、何かあった時のためにとりあえず利用枠だけでも大きくしておくと、万が一の時には助けられます。

それは、大切な支払いやお金が必要な時に、財布を無くしてしまった時や、震災などで銀行のATMが利用できない場合に、キャッシングなら利用できるというような場合があります。

実際に、東北で震災に合われた方で、その直後の給料が2ヶ月先まで振込が遅れてしまった際に、ひとまずキャッシングを利用して避難先の他県で無事に家族の生活を守れたという話なんかもあります。

利用枠を増やしたからと言っても、多く使わなければ今までと何も違いはありません。

それに、枠を増やしたくても増やせない人も沢山いる状況からすると、枠を増やせるというはそれまでも信用で勝ち取ったご褒美というような意味にもとれます。 羨ましい人は沢山いるんです。